保育サービス業界に関する解説書を読んで考える

保育サービスの解説書を読んでみました。
 
20150703nursery
 
前に読んだ2冊は保育施設の「設立」について調べるために買いました。今回のものは、「運営」について調べるのが目的です。まあ、前の2冊も運営の解説が中心だったような気がしますが。
 
それはともかく、こちらは2年前に発行されてた本だけあって、認定こども園に対してけっこう期待されているような印象を受けました。ただ、少し前に新聞で読んだのですが、こども園になるともらえなくなる補助金などもあるようで、期待されていたほどは制度の利用が進んでいないようです。
 
こちらではそのあたりも解説されているのでしょうか……

(この記事を投稿するときに新版が発行されていることを知りました)
 
業界全体の解説書ということで、小規模な施設だけでなく、ある程度の規模で認可を受けた保育所や、フランチャイズ方式の経営などについても触れられています。まあ、参考にはなるのですが、今のところ私が関わる可能性は低そうです。
 
ただ、規模の大小に関係なく、「利益を出すのが難しい」というのは、この業界に共通していることなのではないかと感じました。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうかもね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……