東京を横断して社労士の事務指定講習を受けています

きのうから、社会保険労務士の(労働社会保険諸法令関係)事務指定講習を受けています。
 
4日連続で午前と午後に3時間ずつの講義です。春には通信教育で課題の提出もあって、あちらもなかなか苦労しました。ただ、2年間の実務経験の代わりになるものですから、それくらいは必要かなとも感じています。
 
そうはいっても、朝から東京を横断して国際展示場駅まで行くのは、けっこうきついものがありますね。テキストもかなり重いですし。
 
20150819material

ちょうどレポート用紙も新しくなったところなので、重さがさらに増しています。ここに水筒とおにぎりも加わりますので、ちょっとした修行みたいになっています。
 
それはともかく、社労士が扱う書類作成の注意点をはじめとして、実務的なこともいろいろ教えてくれるので参考にはなりますね。
 
行政書士にもこういった研修が必要なのではないかと以前から感じてはいるのですが、扱う分野の広さを考えると、やはり難しいのかもしれません。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうかもね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……