Kindleを買って何冊か本を読んで思ったこと

Kindleを買ってから10日ほど経ちました。先週は社労士の事務指定講習などで電車に乗っている時間が長かったこともあり、仕事関連の本を中心に何冊か読んでいます。
 
まずは、お試し的に142円の本を読んでみることに。
 

 
「無形バリュー」という考え方はなかなか参考になったのですが、同じような話が何度も出てきて途中から飽きてしまいました。後半は自己啓発みたいな感じでしたし。この価格であれば、もっと短くてもよかったのではないかと思いました。
 
続いて数学を応用した論理的思考力の本を読んでみました。
 
20150824maru

本文が丸ゴシックだったこともあって、気軽に読めたような気がします。ただ、フォントがKindleには対応していないようで、「ハイライト」や「メモ」の機能が使えないのは致命的でした。紙の本のように後からパラパラめくって全体を見直すのが難しいので、このへんは改良してほしいところです。
 
そんなわけで、読んでいるときはそこそこおもしろかったのですが、内容はあまり頭に残りませんでした。
 
同じようなテーマだと、前に読んだ物語形式の本が良かったですかね。まあ、あの本も数字の部分はあまり覚えていないのですが……。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうだろね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……