特定行政書士の考査を受けた人たちを見て考える

この前の日曜日に特定行政書士の試験(考査)がありまして、その数日前からfacebookで「勉強してないよ」「一夜漬けだよ」みたいな投稿をよく見かけました。高校生のころにSNSがあったら、そんな感じだったのかもしれません。
 
20151007back

まあ、前日以外は1秒も勉強していない人はさすがに少数派だと思われますが、講義を除いて20時間も勉強していれば、多いほうの部類に入るのではないでしょうか(あくまでも「友達」の投稿から推測した数字です)。
 
1か月ほど前に「特定」の試験制度を否定するような記事を書いた私ではありますが、直接的な仕事があるかどうかは置いておいて、とくに許認可を中心に扱っている行政書士にとっては、行政手続法などをみっちり学ぶこと自体は、なかなか重要なことだと考えています。対外的にも、「行政手続なら行政書士だよね」というイメージが強化されるでしょうし。
 
それだけに、「18時間のDVD講義と四択30問」というハードルは、もっと上げてほしかったわけです。そんな思いに夜勤明けのやや興奮した状態が重なった結果、またしてもこんな投稿をしてしまいました。
 

 
ちなみに、合格点は非公表のようです。わたくしのように視野の狭い者は、「『初年度だけにこれくらいは特定行政書士を生み出さないと』という人数が合格するのではないか」などと考えてしまいますが、そんなことはないと信じたい気持ちがないわけでもなくもあり、季節の変わり目で体調管理が大変だなと感じる今日この頃です。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「気をつけてね」と思ったら



【関連記事】
試験前に「勉強してない」という大人を見て思い出す(2015.10.12)

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……