社労士として初めて受けた研修は「給与計算」でした

東京都社労士会主催の研修を受けてきました。
 
20151021salary

登録時のオリエンテーションみたいなものを除くと、社労士としては初めての研修となります。毎月、一つのテーマで実務研修を行っているようで、今月は「給与計算」の回でした。試験勉強だけではわからない分野なので、御茶ノ水まで行って説明を聞いてみることに。
 
ソフトを使えば自動的に計算してくれる部分が大半のようですが、理屈をわかっていないと設定の段階で間違えてしまいますので、けっこう神経を使いそうです。初めのうちは、作業に時間がかかるのではないでしょうか。
 
後半は初級者向けの開業講座でした。テーマは「営業」でしたが、内容はHPやSNSの活用法が中心でしたので、とくに新しい情報はなかったかなと。
 
講義の後はテーブルを囲んで座談会形式になり、そこで開業時期の近い人たちと情報交換ができました。考えてみると、行政書士には「同期」みたいな人がいないので、ちょっと寂しい気もします。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうかもね」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……