2015年11月

理念経営とマネジメントに関する本を読んでみました

『オーナー社長のための理念経営4つの戦略』と『無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論』を読みました。どちらも組織の重要な資源である、「ヒト」に焦点を当てた本です。社労士としても、興味深い内容でした。

八王子いちょう祭りで団子を販売しつつ著作権を推進

昨年に続き、NPO法人著作権推進会議として八王子いちょう祭りに参加してきました。今回はみたらし団子の販売です。2日間で900本の団子を販売することができましたが、著作権推進の成果は、正直、いまひとつでした。

事務所の前で植物を育てて失敗を重ねて成長しない

事務所の前に看板を設置するための場所と思われる部分がありまして、そこが花壇のようになっているので植物をいくつか育ててみました。しかし、どれも最終的には不幸な結果となってしまい、いろいろと反省しております。

「追及権」の本を読んで著作権の復習もしました

『文化のための追及権』を読みました。著作権の解説もひじょうに参考になります。著者は会社勤めを経験してから学者さんになった方のようで、その経歴が「わかりやすい専門書」に結びついているのではないかと感じました。

社労士会が定期に開催する研修に参加して感じたこと

社労士会の研修を受けてきました。テーマは「就業規則作成」です。後半の「開業エントリー講座」にも参加。グループ討論でも参考になる意見が聞けて、なかなか有意義な半日でした。行政書士会にもこういう研修があれば……。

ついに『相続川柳』が出版されることになりました

「相続を気軽に学ぶ五七五」をテーマにWebなどで発信してきた『相続川柳』が、ついに1冊の本として出版されることになりました。11月25日発売予定、定価1,200円プラス消費税です。ぜひぜひご利用くださいませ。

知財戦略の本を読み製造業支援に不足する資源を知る

『もうけを生み出す中小企業の知財戦略』を読みました。知的財産権の保護や活用となると、かなり専門的な知識が必要になりそうです。製造業者との関わりも増えてきましたので、弁理士さんとの連携も必要かなと感じました。

2015年度も行政書士試験の監督員を経験して思う

今年も行政書士試験の監督を務めさせていただきました。試験監督の体験報告はいつも同じような内容になってしまうのですが、なんにせよ、行政書士を目指して試験勉強をしてきた方々には、良い結果が出ることを願っています。

長距離移動が増えて電車の旅にも少し慣れてきました

10月から始まった仕事で、関東近辺を回っています。いろいろな場所へ行き、これまで知らなかった長距離移動のルールなども少しずつわかってきました。効率よく移動するために、ネットの有料版乗換案内も導入しています。