2015年12月

事務所移転2年目も振り返れば反省するばかりです

2015年を振り返ってみました。遊んでいたわけではないのですが、あいかわらず経営は厳しい状態が続いています。そのようなわけで、今年も最後の言葉は「来年こそ」になってしまいました。来年は違うと思いますが……。

【四半期報告2015冬】新展開多くも業績は不振

この3か月はいろいろあった気がします。社労士登録に事務所通信の発行、そして原発被災事業者に対する訪問相談の開始と相続川柳の出版。それなりに忙しかったわけですが、事務所経営は依然として厳しい状態が続いています。

年末の予定が変更になり来年の本厄を心配しています

先週の投稿では、「年末は26日から休み」としておりましたが、予定が少し変更されています。大掃除も延期になり、世の中は思い通りにいかないものだなと、あらためて感じております。仕事があるのはありがたいのですが。

2015年に読んだ本から自分の活動を振り返る

今年はどんな本を読んでいたのか、このブログなどを参考に振り返ってみました。タイトルを眺めてみると、そのときに興味のあった分野がなんとなくわかります。あとは、追われていた仕事も。さらには、勉強不足の分野なども。

中小企業診断士試験初挑戦の結果は2次筆記で不合格

中小企業診断士試験に挑戦したのですが、2次の筆記で不合格でした。結果は出なかったものの、1次の経営理論や運営管理などの学習は、中小企業支援の現場でもかなり役に立ちました。来年は1次免除なので再挑戦の予定です。

自己管理と事業計画の解説書を読んで今後の参考に

「セルフマネジメント」「ビジネスプランニング」と、「IGPI流リアル・ノウハウ」シリーズを2冊続けて読んでみました。大企業向けの情報も多かった気がしますが、要点を押さえて中小企業支援に生かしたいところです。

忘年会で『相続川柳』の宣伝をしたりしなかったり

私の周辺では、12月の2週目までに忘年会が集中しておりました。勤め人のころは職場の忘年会と地元の集まりくらいでしたが、開業して5期目ともなると、それなりにお付き合いが増えてくるようです。副業も始めましたし。

数字の支配する世界を知ろうと統計学の本を読んだが

『ヤバい統計学』を読みました。統計学の入門書としての役割を期待していたのですが、どちらかというと、統計学の初学者ではなく、基礎的な知識のある人が楽しむ本だったようです。ただ、物語として面白い部分もありました。