忘年会で『相続川柳』の宣伝をしたりしなかったり

暦の上では年末ですね。私の周辺では、12月の2週目までに忘年会が集中しておりました。勤め人のころは職場の公式なものと地元の集まりくらいでしたが、開業して5期目ともなると、それなりにお付き合いが増えてくるようです。副業も始めましたし。
 
五士業の関連などもありましたので、行政書士・社労士だけでなく、弁護士・司法書士・税理士さんなどと飲む機会もありました。世の中にはお酒好きな人が多いですね。
 
八王子支部(行政書士)の忘年会は、アレルギーの治療中に危ない目にあったことのある会場だったので欠席する予定だったのですが、『相続川柳』の営業をかける絶好の場でもあったので、迷った挙げ句に参加することにしました。
 
そんな感じで、今年はいろいろな場で川柳の宣伝をさせてもらったため、同業者からは「あいつは川柳の宣伝ばかりだな」と、白い目で見られてしまいそうです。
 
ただ、地元の集まりなどでは、いつものように仕事の話はほとんどしませんでしたから、あいかわらず、「あいつは行政書士とかいう、なんだか堅い仕事をしているらしいよ」と思われているのではないでしょうか。
 
20151214party

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうかもね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……