SNS広告で『相続川柳』の売上拡大は実現できず

SNS広告を利用して『相続川柳』の売上拡大を狙ってみました。
 
6月の実験では、小冊子発売のブログ記事をfacebook広告に出してみて、1,300円で15件のアクセスを稼ぐことができました。そこで、今回は広告記事へ誘導する投稿を用意して、8,700円を投資してみました。合計で1万円です。星飛雄馬と父親の背番号が、合計で100になっているようなイメージでしょうか。
 
それはともかく、開始から3日後に調べてみたところ、3,636円でブログへのアクセスは6回だけでした。ちなみに、広告を見た人が「いいね!」を押してくれた数は170以上です。中身も見ないで押している大半の人は、どういう意味を込めているのでしょうか……。
 
20151216sns01 20151216sns02

合格発表があったせいか、「特定」の記事が人気ですね。
 
そんなわけで、facebook広告は費用対効果が悪すぎると感じた私は、Twitter広告に乗り換えてみました。残り5,071円での決断です。
 
こちらではAmazonへのリンクを紹介してみたところ、34件のクリックを獲得することができました。ただ、その人たちが本を買ってくれたかどうかは不明です。
 
20151216sns03

こんな感じで、今回もSNS広告を生かすことはできませんでした。やはり甘くはないようです。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうだろね」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……