2015年に読んだ本から自分の活動を振り返る

今年はどんな本を読んでいたのか、このブログなどを参考に振り返ってみました。
 
20151225books【ロケ地】
有隣堂書店 セレオ八王子店

今年に入ってから、本日までに読み終わった本は52冊のようです。ほぼ1週間に1冊ですね。狙っていたわけではないですし、ペースも一定ではないのですが、落ち着くところに落ち着いたかなと。
 
タイトルを眺めてみると、そのときに興味のあった分野がなんとなくわかります。あとは、追われていた仕事なども。10月からは社労士登録もしたので、労務系の本なども増えてきています。マイナンバー関連は少ないですね、政府系の資料などにも目を通してはいるのですが。
 
ちなみに、Kindleで読んだ本は27冊、ちょうど半分でした。きちんと勉強するなら紙の本でないと厳しい気もしますが、読みたくなったときにすぐ手に入るのは、やはりひじょうに便利です。古い本などは安くなっていることもありますし。
 
来年も仕事関係の本を読んだら、こちらに投稿していく予定です。Amazonの紹介手数料も、1回くらいはもらってみたいですね。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「どうだろね」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……