新事業年度が始まり気持ちも新たに仕切り直しです

年が明け、事業年度も替わりましたので、年末年始に少し動いてみました。
 
例年の作業としては、事件簿や業務日報の更新作業がありました。業務日報は少し改造しています。また、休み明けの4日に、前期の帳簿を締めました。赤字額の大きさをあらためて見せつけられて惨めな気持ちになりましたが、この屈辱を糧に今年ははい上がってやるつもりです。
 
20160106deficit

まあ、その決意まで含めて例年どおりなのですが……。
 
それはともかく、昨年から気になっていて、「年が明けたら」と考えていたことについても、具体的に検討してみました。
 
1.クラウド会計ソフト
行政書士の記帳代行サービスにも影響がありそうなので、研究を兼ねて導入してみることに。情報を集めて検討した結果、ネットでよく見かける「freee」ではなく、「MFクラウド確定申告」を選びました。しばらく使ってから感想を書く予定です。
 
2.電話代行サービス
事務所にかかってきた電話を転送して、オペレーターに対応してもらうサービスです。新年から導入する気満々だったのですが、昨年の業績を見て保留にしました。4月から営業活動に力を入れる予定なので、そのときにまた検討してみます。
 
こんな感じでなんとも中途半端ではありますが、他にも細かい更新作業などを進め、気持ちも新たに今年もがんばる所存です。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「がんばってね」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……