案件が集中して計画的に仕事を進める必要性を感じる

今年に入ってから、新規のご依頼をいくつかいただいております。
 
20160127schedule

年末から関わっている案件がそこそこの作業量になりそうだったので、「3月までに」ということにしていたところ、あまり手をつけられないまま期限が迫ってきました。
 
事務所通信の2月号も、どんなに遅くとも月末までに原稿を書いて公開しなければならないのですが、こちらもなかなか進みません。推薦図書で紹介する予定の本も、この投稿を書いている月曜午後の時点では、まだ読み終わっていないですし。
 
そんなわけで、副業がない今週は、事務所でじっくり作業をしようと考えていました。しかし、週明け早々、というか、日曜日の夜に新規の問い合わせがありまして……。
 
けっきょく、それは急ぎの仕事にはならなかったのですが、仕事をもっと計画的に進めていかないと、そのうち痛い目を見ることになりそうです。
 
そもそも、「忙しくなったら残業か休日労働」みたいなことをやっているうちは、経営が安定しないのかもしれませんね。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうかもね」と思ったら

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……