産廃業許可申請における東京都と八王子市の相違点

ひさびさに産廃収集運搬業許可の申請書類を作っています。
 
20160201guidance

産廃といえば、今年度からの中核市移行に伴い、営業の形態によっては、申請先が八王子市になっています。いわゆる「政令市への申請」なのでかなり限定されるのでしょうが、いちおう、手引きを見てみることに。
 
どうやら、中身は東京都の手引きとほぼ同じようです。しかし、債務超過の場合などに添付する「経理的基礎を有することの説明書」を作成できる者として、中小企業診断士しか挙げられていません。どうも、公認会計士や税理士ではダメみたいです。
 
これは初耳だったのでツイッターで情報発信してみたところ、facebookに反映された投稿をご覧になった行政書士さんから、「東京都に合わせ(て税理士等でも作成でき)るように、八王子支部から要請するべきでは」みたいなご意見を頂戴しました。
 
その翌日にちょうど支部の集まりがあったので、副支部長に報告です。あとはお任せしようかと。個人的には、税理士さんよりも認定支援機関が作成できるようになったらいいなと思っているのですが、まあ、それは現実的ではないですかね。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうだろね」と思ったら

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……