ものづくり補助金の申請支援に役立ちそうな本を読む

3月中旬から「ものづくり補助金」の申請支援業務が本格化してきましたので、移動中などに関連する書籍を読んでいました。
 

1.アップルを超えるイノベーションを起こす IoT時代の「ものづくり」経営戦略

20160401apple
IoT技術について学びたかったのですが、どちらかというと経営戦略の本でした。赤文字に釣られてしまったようです。まあ、おもしろい本ではありました。
 

2.金属加工が一番わかる/加工材料の知識がやさしくわかる本


切断や板金、そして熱処理などのイメージが知りたくて読んでみました。興味深い話も多かったのですが、さすがにちょっとマニアック過ぎましたかね。
 

3.中小企業白書/ものづくり白書


ネットでPDFデータを探すのがつらくなったもので。これからは毎年購入したほうがよいかもしれません。
 

4.社長のための「中小企業の決算書」読み方・活かし方


申請書の後半にある「事業計画」の精度を上げるために。昨年の秋にも読んでいるのですが、わりと忘れている部分もあったので勉強になりました。半年くらいしたら、また読み直してみようと思います。
 

5.まとめ

もの補助の審査対策としては、4・3・2・1の順で役に立つような気がします。やはり、市場分析と収支計画がポイントになるのではないでしょうか。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

「そうかもね」と思ったら

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……