今のうちにポケモンGOの有効活用について考える

 ポケモンGOが日本で公開されてから1週間ほど経ちました。かなり話題になっていることは、みなさんもご存じのことと思われます。今のところは、否定的な意見のほうが目立っているのではないでしょうか。まあ、最近はfacebookなどを経由して情報が入ってくることも多いので、このへんはつながっている「友達」の影響も大きいのでしょうが。
 
20160731pokemon

 もちろん、楽しんでいる人も少なからずいるようで、そういう人たちの投稿を見ていると、良さそうな面も見えてきます。小さい子どもがいる家庭では、親子で公園などへ遊びに行く機会も増えるでしょう。また、外を歩き回るのが前提のようなので、運動不足の解消にもつながりそうです。
 
 否定派が指摘しているのは、「歩きスマホ」と「禁足地」の問題が中心ではないかと思われます。禁足地については、個別の判断で任天堂(というかナイアンティックラボ:以下、まとめて「N社」)に申し入れればよいのではないでしょうか。まあ、原発や自衛隊の基地などは、最初から除外しておけよと思わないこともないのですが。
 歩きスマホは、今に始まったことではないですよね。駅などでLINEをはじめとしたメッセンジャーやパズルのゲームなんかをやりながら歩いている人は、今だにたくさん見かけます。ポケモンによる歩きスマホを叩くのであれば、他の歩きスマホも叩いてほしいものです(徹底的に)。もちろん、自動車の運転中についても。
 
 ……と、まあ、前置きが長くなってしまいましたが、せっかくなのでポケモンを(商売などに)有効活用できないものか、というのが今回のテーマです。
 

1.ゴミ拾い

 これは自主的にやっている人がすでにいるようです。ポケモンを探して歩き回るついでにゴミを拾っていたら、街がきれいになったという。都心の公園なんかは、効果が大きそうですね。
 ここに何らかのインセンティブを付ければ、動きが加速しそうです。例えば、「一定以上のゴミを集めたら珍種と交換」みたいな感じでしょうか。ただ、管理の仕方が難しいでしょうね、市町村の施設に持っていくのは大変そうですし。あと、ポケモンが欲しくてよその家のゴミを持っていってしまうような、そんなアレな人が出てきそうで恐いです。
 八王子市のボランティア袋(清掃活動をした人がもらえるゴミ袋)などが、ヒントになるような気もします。
 

2.イベントの集客

 これはボランティア袋と似たようなイメージでしょうか、特定のイベントに参加した人が珍種を手に入れられる仕組みです。N社以外がオリジナルのキャラクターを作るのは難しいでしょうから、企業がN社から仕入れればよいのかと。あるいは、「イベントに参加すると経験値がものすごく上がる」みたいな設定でもよさそうです。まあ、大きな企業だったら、N社に高額報酬を積んでオリジナルのキャラクターを作ってもらうもよかろうかと。
 非営利活動には低価格もしくは無償で卸すのも、一つの手かもしれません。まあ、NPO法人なども玉石混交なのですが、そのへんは、ある程度は割り切らないと始まらないでしょうね。法人税(NPOは非課税になることも)みたいにマルサを設置するわけにもいかないでしょうし。
 

3.観光客の呼び込み

 これも2と似たようなものです。「高尾山には天狗のポケモンがいるぞ!」みたいな。ただし、全国で同じようなことをやっても効果が分散してしまいますので、オリジナルのキャラクターを配信できないのであれば、利用できる地域を政策的に絞るべきでしょうね。今だったら、許されるのは熊本と東北ではないでしょうか。
 仕事がら、福島県の浜通り地方が観光客の誘致に苦労している話はよく耳にしますので、ポケモンで人がたくさん来てくれるのであれば、それも悪い話ではないのかなと。海も山も森もあるので、いろいろな種類を出現させられそうですし。
 N社も運営の費用は県なり国なりからもらうとして、キャラクターについては無償で提供すれば、企業イメージがかなり良くなるのではないかと思われる次第です。
 

まとめ

 こんなところでしょうか。ただ、すでに「飽きた」という意見も耳に入って来てはいますので、どれも実現しない可能性が高そうです。そもそも、どれも思い付きですし……。
 
【8月10日21:11追記】
 ポケモンGOの仕組みもよくわからないまま適当に投稿してみたわけですが、本日になって「3」が実現しそうな情報が入ってきました。まあ、私の投稿はなんら影響していないのでしょうが。なにしろ、公開から10日で26件のビューしかありませんでしたので……。
 
【参考記事】
東北・熊本の4県、ポケモンGOで被災地振興」(日本経済新聞 電子版)
 

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……