八王子支部(行政書士)で中小企業の資金調達支援の研修

 先週の土曜日に、八王子支部の研修に参加しました。テーマは「行政書士として知っておきたい『中小企業の資金調達』」です。研修(業務開発)部員として運営する立場でしたが、かなり熱心に聴講してしまいました。
 
20161004lecture

企画について

 私の中では、けっこう前から温めていた企画です。東京都行政書士会と日本政策金融公庫が連携するようになったのは、2年くらい前からでしょうか。そのころから日本公庫の方を呼んだ研修が増えてきまして、私も当時、東京会や新宿支部が主催する研修などに参加しています。

実戦の後に研修を受ける

2014.02.06

認定支援機関と日本公庫による事業計画の研修を聴く

2014.12.03
 研修を受けるうちに、「公庫だけでなく、商工会議所の人なども呼んで話を聞けたらな」と考えるようになりました。公庫がらみの研修報告にリンクを貼とうとして投稿をさかのぼってみたところ、1年ほど前に武鷹支部の研修会に参加した際の報告でも、そんなことを言っていたようです。

他支部の研修で日本政策金融公庫の方からお話を聴く

2015.10.26
 それはともかく、諸々あって今年度の支部研修に組み込まれたわけですが、今年の春に東京会が西武信用金庫とも協定を結んだことを受けて、西武信金の方も講師の候補に挙がってきました。せっかくなのでパネルディスカッション形式も取り入れ、進行役(モデレーター)には信用保証協会出身の会員がよいのではないかと話していたところ、保証協会出身で税理士兼業の会員が引き受けてくれました。平たく言うと、東京会の会長です。

準備は夏から

講師依頼

 春先から各機関への根回しを副支部長クラスの人たちにお願いしておき、夏に具体的な説明をして回りました。パワーポイントで企画書も作成して、八王子支部の意気込みをアピールです。資料作成の参考書を読み始めたのは、このころからでしょうか。まあ、作った後ではありましたが。
 
20161004slide01

参加者集め

 今回の研修は、他支部からの参加も受け付けました。私の担当は、東京会の会報に載せる案内原稿の作成と、facebookの同業者グループでの呼びかけです。なかなか貴重な内容だと思っていたのですが、反応はいまひとつでしたね。しかし、興味のない人を無理に誘っても悪いので、それ以上の声かけはしませんでした。

事例の作成

 パネルディスカッションの題材として、「建設業者の独立」や「居酒屋の開業」といった事例をいくつか用意してみました。そして、各担当者には事前に情報をお伝えして、おすすめの融資制度や支援策だけでなく、その状況で注目する点なども回答してもらっていました。それを進行役に伝えておけば、聞き出しやすくなるかなと考えまして。

研修を受講して

 最初に告白したとおり、運営側だったにも関わらず、人一倍熱心に聴いてしまいました。パネルディスカッションの出だしはやや固い感じもしましたが、一回りしたころには、みなさん饒舌になっていたようです。融資制度などの重複する部分は省略して、それぞれ特色のある見解を示してくださいました。さすがは各機関の責任者クラスです。
 進行役は東京会の会長ということもあって、みなさんのご意見から行政書士の仕事につながりそうな部分を鋭く見つけ出してくれます。そして、受講生には「こうすれば仕事になりますよね?」と説明し、外部の方々には「こうやって連携していけますよね?」と念押ししていくわけです。身内ではありますが、こちらもさすがでしたね。

まとめ

 中小企業が資金を必要とする様々な局面において、各機関がどのような対応をとっているのか、そして、行政書士はどうやってそこに絡んでいけるのか、そういった点について活発な意見を聞くことができ、とても参考になりました。
 また、どの機関からも「中小企業支援を通じて地域の活性化を図る」といった旨の発言があり、やはり行政書士も向いている方向は同じなのだなと感じました。企画書に書いた内容も、間違ってはいなかったようです。
 
20161004slide02

 そんなわけで、運営者としては課題含みではありましたが、受講生としては大満足な研修でございました。おわり

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……