【新連載】裏行政書士試験で学ぶ世の中の仕組み

 本日は行政書士試験ですね。いつも言っているように、行政書士を目指して努力してきた人には、良い結果が出ることを願っています。そして、この記念すべき日に、以前から「そろそろ」と言っていた新連載を始めてみたいと思います。
 
20161113success

 テーマは「裏行政書士試験で学ぶ世の中の仕組み(仮)」です。けっこう前からなんとなく考えていたものですが、昨年の試験日に同業者と話しているうちに、ブログでの連載を目指すようになりました。つまり、「構想1年」というわけです。

なぜ「裏行政書士試験」なのか

 それは、行政書士試験の監督を終えて、明大前の駅に向かう途中での会話でした。あいかわらず、試験問題が実務からかけ離れているのではないかと。そのときは、「車庫証明が必要な地域を次の中から選べ」とか「建設業の許可が必要な工事はどれか」とか、そんな問題のほうが役に立つでしょう、という話をしていたような気がします。

 また、一部の行政書士が力を入れている「法教育」についても、法律のことは弁護士に任せて、行政書士は「なぜ産業廃棄物を運ぶのに許可が必要なのか」とか「外国人が日本で働くためにはどうすればよいのか」とか、そういったことを教えるべきなのではないかと感じていました。それもかなり重要なことだと、つねづね思っています。

 じっさい、行政書士になるまで知らなかったことはたくさんあります。例えば、開業するまで個人事業主という存在自体、よくわかっていませんでした。会社法で株式会社の設立を勉強したときに、「近所の八百屋さんとかも、商売をしているからにはみんな会社なのかな?」みたいなことを考えてしまったことすらあります。
 建設業の許可についても、まったく知りませんでした、許可を受けている会社で5年もアルバイトしていたのにです。

 井出さんと一緒に『相続川柳』を書き始めたときにも話していたのですが、世の中には「学校では教わらないけれど重要なこと」がたくさんありますよね。そして、その情報を整理するのに、「行政書士業務」という切り口は悪くないのではないかと考えております。

 ちなみに、この連載を読んでも、行政書士試験の対策にはならないでしょう。むしろ、民法の相続編対策なら、『相続川柳』がお薦めです。いや、これはホントにお薦めなんですよ。たぶん、予備校のテキストなどを1周してから読むと、相続編への理解が深まるはずです。実務的なことも書いてあるので、相続業務をこれから始めたい人なんかにも役立つのではないかと(必死)。

誰に何を読んでもらいたいのか

 それはともかく、今回の新連載は、「行政書士に興味を持っている人」をメインターゲットとしつつ、「行政書士には興味がないけれど雑学が好きな人」などにも読んでもらえたらなと考えております。

 主な分野は、「許認可」「遺言相続」「経営(法人運営)」「入管」「運輸交通」などでしょうか。社労士やファイナンシャルプランナー、そして診断士試験などの範囲からも、こっそりと混ぜ込んでしまおうかなと目論んでいます。あくまでもブログですし。

 もちろん、おもしろくなければ読んでもらえないわけで、そのへんはこれまでの各種受験経験に加えて、塾講師時代にたたき込まれたテスト作成のコツみたいなものも活用して、続きを読みたくなるような問題を作っていきたいところです。あとは、解説文が勝負ですかね。

形式と更新頻度など

 行政書士試験には記述問題などもありますが、そこを似せる意味はあまりないので、基本的にはすべて5択の問題にする予定です。ブログには問題と解答、そして解説を投稿しておいて、事務所のfacebookページに問題だけ載せて通知すれば、ページが活性化するかもしれません。

 週に1本くらいのペースで続けていけば2年で100本。また本になったらいいなと、今のところはそんな夢も見ています。

おわりに

 とりあえず2問作ってみました。最初はこんなものでしょうか。だんだんと形が整っていくのではないかと予想しています。

【許認可】許可等の必要な事業(建設・設計・産廃・不動産)

2016.11.13

【遺言相続】自筆証書遺言の形式的な要件について

2016.11.13

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……