【四半期報告2016冬】研修関連が多め

 10月から12月を振り返ります。
 

1.業務について

 行政書士業務は、経審が1件あったくらいでしょうか。他には、3年前に遺言の相談を受けた方から、相続に関する問い合わせがありました。当時のチラシをまだお持ちになっていたようで、ちょっと感動してしまいました。相談料はいただきましたが。
 あと、東京都の入札資格審査申請が始まりましたので、忙しい事務所から仕事を回してもらっています。いろいろなパターンがあって勉強になりますね。建設業と同じように、行政書士にも下請で実績を積む慣習があってもよいのではないかと感じる今日この頃です。

 社労士としては、相談を何件か受けた程度です。登録から1年経っても正式な顧問契約はゼロ件のままですが、福島の復興関連事業でも「社労士だから」ということでお呼びがかかる機会が増えてきました。やはり国家資格は侮れませんね。

 認定支援機関としては、補助金関連の仕事がちらほらと。ものづくり補助金の実績報告の支援が2件ありました。新規も1件進行中です。1月17日が締切ということで、お正月休みにがんばらないといけません。経営力向上計画もからんできますし。

2.業務研究等

 読んだ本は27冊でした。ファシリテーション系の本を多めに。11月からKindleの読み放題に登録したところ、本の選択が粗くなってきたような気がします。

 研修もいくつか受けました。支部の研修は2本、テーマは「中小企業の資金調達」と「公証役場の実務」です。資金調達の研修については、10月の投稿で報告したとおりです。公証役場の研修は運営に徹していました。
 ひさびさに渋谷まで行って、東京会が主催する入札関連の講義なども。会場はなぜか伊藤塾でした。行政書士会館でやれば会場費かからないはずなのですが。
 また、「『建設業』と『行政書士』と知的資産経営」というテーマのセミナーを受けました。講師はBCP研究会でもお世話になった塩田先生です。いろいろと考えさせられる内容でした。懇親会では、調子に乗って主催者(知的資産経営たから)の方々にいろいろ意見してしまった気がします。反省ですね。

 社労士の必須研修もありました。メンタルヘルス的な内容だったはずです。話はなかなかおもしろかった記憶があります。

 他には、「ものづくりプラットフォーム計画 in 八王子」という、報告会のようなものに出席しました。八王子のものづくりといえば繊維業なのですが、それが現在でも生きていることは知りませんでした。まだまだ可能性を秘めている街ですね。「ものづくりの学校」という計画があるそうで、いずれ何らかの形で手伝えたらなと考えています。
 その翌日には、代々木で開催されたワークショップを体験してきました。BCP研究会をきっかけに知り合ったファシリテーションの先生が開いたもので、カードゲームで「SDGs」に触れた後にレゴブロックで振り返りを行うという、これまで体験したことのない形式でした。こちらもかなり参考になりましたね。
 

【参考記事】
社内ゲーム研修:国際社会が目指す「持続可能な開発」をビジネスゲーム研修で体得する(株式会社プロジェクトデザイン)

 あとはやはり、診断士試験でしょうか。10月下旬に2次試験を受けて12月初旬に不合格の発表がありました。振り返ってみると、1次も含めて、まだまだ勉強不足だった気がします。とりあえず年内はミクロ経済学の参考書を1冊読んでおしまい。来年もがんばります。
 一方、建設業経理士の原価計算は合格していました。残すは財務諸表の1教科のみ。3月の試験に申し込んだので、今度こそなんとか決めたいところです。次は記述を半分以上書くようにします(中身はなくても)。

3.広告・営業活動等

 ブログはこの投稿を含めて19本、大晦日の年間報告も予定しているので20本になりそうです。11月からの新連載は5本で止まってしまいました。もうちょっと書きたいところですね。
 事務所通信もなんとか続けています。ダウンロード数が落ちていることもあって、やる気を維持するのが難しいです。始めた目的は「既存顧客との関係強化」だったはずですが、あまり効果がないような気もしていますし。とりあえず3月までは続けてみようかと。

 相続川柳の書店訪問は9件。長岡や仙台なども回ってみたのですが、どこにも置いてありませんでした。泣けますね。井出さんが大手のwebサイトで連載を始めたので、そのへんから火がつかないものかと淡い期待を抱いています。
【参考】
経営者のための「労務川柳」(幻冬舎ゴールドオンライン)

4.その他

 1泊2日の旅行が2本ありました。こちらはブログにも投稿してあります。他に日帰り旅行が1本と、福島出張の後で足を延ばした宮城旅行がありました。亘理町にも3年ぶりに立ち寄ったので、いつか投稿したいところです。
 

 仕事関連の忘年会は4件でした。今年は控えめだったかなと。支部(行政書士)の忘年会は、会場の都合で欠席です。前にも書いたように、アレルギーの治療中に危ない思いをした会場なので、なるべく近づきたくないんですよね。

 あと、10月の終わりにコピー機を導入しました。まだまだ先の話だと思っていたのですが、これもご縁なのでしょうか。おかげでオートバイの購入はまた遠のきましたが……。
 

まとめ

 こんなところでしょうか。SDGsのワークショップや亘理町訪問のことなど、それだけでブログを書きたい内容もいくつかありましたね。facebookページだと後から見返すのが難しいので、以前のように軽めの投稿を量産するのも、一つの方法なのかもしれません。

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……