新年2017/ご挨拶と今年の目標などをなんとなく

 あけましておめでとうございます。
 

 昨年までは毎年1月1日に新年のご挨拶を投稿していましたが、今年は営業開始の本日まで待ってみました。なんとなくですね。

新年の挨拶と年賀状

 事務所通信は1月1日の0時に予約投稿しておいて、facebookなどのSNSで朝の9時ごろ通知してみることに。例によって、あまり反応はなかったですね。4日の夜までにダウンロードされたのは6件だけです。
 ともあれ、そちらにも新年の挨拶を書いているので、同じ日にブログも公開するのは、ちょっとくどいかなと思いまして。

 いつもは1日に送る事務所通信発行の一斉メールも、本日まで遅らせておきました。お正月から仕事関係のメールをもらっても迷惑でしょうし。年賀状をもらうのとは訳が違いますよね。

 年賀状といえば、基本的には同業者(他士業も含む)にこちらから出すことはないのですが、名刺交換などをきっかけに送っていただくことがあります。そんなわけで、1日も事務所まで行って確認してきました。今年は7枚追加です。なかなか仕事から離れられないですね。
 これがまた、初めてなのに1月4日とかに届けられてしまうと、そこからの返信になるわけでして、あちらに着くのは6日くらいになるのではないでしょうか。新年から妙にうしろめたい気持ちになるので、そういうのは勘弁してもらいたいです。

年度更新の作業

 まあ、そんな感じで、4日まではいちおう休業にしつつ、仕事もちょこちょこと進めておりました。個人事業主につき12月決算なので、帳簿類などの更新作業がいくつかございまして。

日報その他

 エクセルで作業時間を集計するために、個別の案件ごとに番号を振って管理しているのですが、それをここでリセットしました。作業の分類もいくつか見直したので、日報作成にかかる時間が少しでも減ればと考えております。
 そのほか、交通費や相談実績の管理簿なども、1月から新しいものにしています。忘れているものもありそうなので、そのあたりは気づいたときに。

会計

 前期の帳簿を整理しました。昨年からクラウド確定申告ソフトを導入したのですが、最初のころは慣れていなかったこともあって、今と違うルールで仕訳していたものなども。おかげで未払金や立替金にズレが生じていたので、そのへんを修正するのに半日くらいかかりました。簿記の試験を受けているみたいでしたよ。

 勘定科目の微調整も行いました。税務申告するだけなら初期設定でも十分なのでしょうが、自分で管理するためには、実態に近づけたほうがよいかなと考えています。パソコンソフトも収納棚も「消耗品費」だと、よくわからなくなってしまいますからね。
 事業主貸の補助科目に「生活費」という項目を立てられたのは進歩かなと。今年は「給料日」を決めて、定額で引き出していきたいところです。

新年度の計画(会計面)

 前期の実績を基準にして、今年の計画を立ててみました。売上については、行政書士業務をいかに増やすかが課題になりそうです。あと、復興コンサルタントの仕事が3月で終わってしまったら完全にアウトですね。そのときは(下方)修正が必要かと。つまり、まだまだ不安定ということです。

 経費の計画も大まかに。広告宣伝費と研修費は、昨年よりもだいぶ増やしました。接待交際費は少し減らしてもよい気がします。とくに、同業者との飲み会など。
 付き合いの長い人だと、半ば友人みたいになっているので、そういう人たちと飲んだときの代金を経費として計上することに対して、ちょっと疑問を感じてしまいました。まあ、それも含めて「交際費」なのかもしれませんが。これからは、嫌いな人もいる場だったら、経費にしようかと考えています(嘘)。

活動面の計画

 こちらはまだ整備できませんでした。とりあえず、3月の建設業計理士試験が終わったら8月には診断士の1次試験が控えていますので、そこは押さえておきたいところです。あとは、裏行政書士試験の連載が止まってしまっているので、せめて月に2本くらいは更新していこうかと。
 営業活動は、復興コンサルタントの仕事次第でしょうか。ここはもっと積極的に行動するべきなのでしょうが……。

まとめ

 新年の挨拶なのか年末年始の活動報告なのか、はたまた目標の発表なのかよくわからない内容になってしまいましたが、なにはともあれ、今年もよろしくお願いいたします。

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……