【許認可】都道府県公安委員会(警察)に関する許認可

問題

公安委員会(警察)に関わる制度の説明として、正しいものの組み合わせはどれか。

ア 人の身体に対する危害の発生をその身辺において警戒し、防止する業務を行うためには、都道府県公安委員会から警備業の認定を受けなければならない。

イ 尾行等によって特定人の行動を調査し、その結果を依頼者に報告する業務を行うためには、都道府県公安委員会に探偵業の届出をしなければならない。

ウ 対となる鍵を用いることなく、他人が施錠した錠前を解錠する業務を行うためには、都道府県公安委員会に解錠業の登録をしなければならない。

エ 他人への販売を目的として、猟銃を用いて鳥獣を捕獲する業務を行うためには、都道府県公安委員会から狩猟業の免許を受けなければならない。

1 ア・イ
2 ア・ウ
3 ア・エ
4 イ・ウ
5 イ・エ
 
20161119thinkingtime

解説

 営業を開始する際に、警察署に書類を提出して許可申請や届出をしなければならない業種があります。中古品を売買するのに必要な古物商許可などは有名ですが、今回はその他の業種について説明してみます。

ア 警備業を営むためには、都道府県公安委員会から認定を受けなければなりません。警備業法では、警備業務の類型ごとに第1号から第4号に分かれていまして、営業したい区分ごとに申請する必要があります。
 例えば、交通誘導だけでなく現金輸送の警備も取り扱う会社にしたいのであれば、第2号と第3号の認定を受けなければならないんですね。ちなみに、「人の身体に対する危害の発生をその身辺において警戒し、防止する業務」は第4号に定められているので、いわゆる「ボディガード」を業務とする際には、警備業の認定が必要になります。

イ 平成19年に探偵業法が施行され、探偵業を営むためには、都道府県公安委員会への届出が必要になりました。それまではとくに規制がなかったのですが、契約内容をめぐるトラブルの増加や違法な手段による調査などが後を絶たなかったようで、悪質業者を排除するために法律が定められたものと思われます。
 探偵業法では、探偵業務が次のように定められています。

探偵業の業務の適正化に関する法律 第2条第1項
この法律において「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。

 ようするに、特定人の情報を「実地調査」して依頼者に「報告」するのが、探偵業務となるわけです。考えてみると、行政書士も相続業務で相続人の「調査」をすることなどがあるのですが、基本的には戸籍等の情報をたどっていく方法によりますので、これは探偵業務に当たらないのでしょう。

ウ 鍵を紛失してしまったときや閉じ込めてしまったときなどに、特殊な工事を使って錠前を開けてくれる業者さんがいます。インターネットで「鍵 紛失」といったキーワードを検索するとたくさんの業者が出てくるのですが、この業務を規制するような法律はとくにありません。
 ですから、その気になれば誰でも開業できるんですね。とはいえ、仕事をするためにはそれなりの技術が必要ですから、技術を身につけるための専門学校などもあるようです。
 しかし、技術を悪用したら求められていない鍵まで開けられてしまうわけで、悪質な業者による問題が増えてくるようなことがあれば、探偵業のように規制の対象となるのかもしれません。

エ 狩猟を行うためには、猟をしたい都道府県ごとに、狩猟者登録をしなければなりません。そして、この登録を行うためには、狩猟免許を受けている必要があります。ちなみに、狩猟の目的が趣味であるか営業であるかは関係ないんですね。
 狩猟免許は、猟の仕方によって「猟銃(第一種・第二種)」「わな」「網」の4種類に分かれています。このうち、猟銃の免許で狩猟者登録を行うためには銃砲所持許可を受けている必要がありまして、ここに都道府県公安委員会が関わってくるのです。

解答

アとイが正しいので、正解は1です。

ポイント
警備業や探偵業を開業するときは警察へ

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……