【四半期報告2017春】振り返ってみると反省

 1月から3月の振り返りです。
 

1.業務について

 行政書士業務は、入札関連のお手伝いなどを何件か。公正証書遺言の作成支援もひさびさに。5年前にポスティングしたチラシからのご依頼でした。保管してくださっていたようで、本当にありがたいことです。

 社労士に関しては、ようやく顧問契約の話なども出てきました。年度更新も2回目ですし、来年度から本格的にスタートでしょうか。

 認定支援機関としては、補助金申請支援が中心でした。1月の中旬にものづくり補助金1件、下旬に小規模事業者持続化補助金1件の申請支援をしたところ、どちらも3月17日の午後に採択結果が発表されまして、2件とも無事に採択されていました。
 原発事故被災地限定の補助金などもありまして、そのお手伝いで富岡町商工会(いわき市の仮設事務所)と船引町商工会まで行ってきました。なかなか貴重な経験です。
 

2.業務研究等

 読んだ本は17冊でした。日経新聞の電子版を読むようになって移動中の読書量が減った、という話を3月の書籍紹介ブログに書いたのですが、調べてみたら1月にも同じことを書いていました。よくあることかと。
 後半は建設業の本を中心に。行政書士の分野だけでなく、社労士の分野も何冊か。その勢いで社労士会が開いた建設業関連の研修を受けてみたところ、行政書士としては初歩的な内容がほとんどでした。社労士といえば、倫理研修がありましたね。こちらは行政書士会主催のものより学ぶことが多かったような気がします。

 3月12日には、建設業経理士の試験を受けてきました。精算表の問題をくり返し解いているうちに、ようやく仕訳からB/S・P/Lへの流れが見えてきたような気がします。やはり、昨年は落ちて当然だったのかと。まあ、今年もどうなるかわかりませんが……。とりあえず次は8月の診断士試験です。

3.広告・営業活動等

 ブログは10本でした。昨年の同時期に比べると、更新頻度は大幅に下がりました。ただ、一本あたりの文字数は数倍になっているので、負担はそれなりです。
 裏行政書士試験は月に1本ずつしか投稿できませんでした。問題自体はけっこう思い付くのですが、細かい部分を調べるのに時間がかかるので量産は難しいですね。反応もあまりないですし。

 事務所通信はなんとか続けています。古いものほどダウンロード数が多いのは、グーグルのクローラというやつが定期的に踏んでいるからではないかと思い始めた今日この頃です。

 相続川柳の書店訪問は4件でした。今回もすべて「お取り扱いなし」です。八王子以外にはもうないのかと思っていたら、先日、高田馬場の芳林堂に置いてあるという情報が。ありがたいですね。
 川柳といえば、2月の終わりからグーグルの広告を少しだけ出してみました。練習のつもりで5,000円課金してみたところ、34クリックで使い切りました。最初からわかっていたことですが、本の紹介には適していないですね。

 あとは、事務所前の壁などに貼ってある掲示を貼り替えました。相続川柳の案内は「建設業・製造業支援」に差し替えです。作った後で、日行連公式キャラのユキマサくんを使用しつつ社労士業務も宣伝してしまうのは、ちょっと危険なのではないかと気づきました。もしも怒られたら、「だったら資格予備校の催事に(会費で作った)着ぐるみ出すな!」と逆ギレしようと思っています。
 


 それはともかく、事務所案内も新しくしてみました。これまでは「社会保険労務士」が目立たなすぎたもので。まあ、このへんはお遊びですね。
 


 ついでといってはなんですが、裏口のドアに貼ってある案内も差し替えです。ここは2階から上の住民と配達関係の人くらいしか見ないので、あまり力を入れませんでした。
 

4.その他

 事務所名等が印刷された領収証を作ってみました。基本的には自作の請求書や領収書で対応しているので、最少ロットの250枚でも使い切れない可能性が高いのですが、こういうものがあると、「ちゃんとした事務所」に見えるかなと考えまして。
 


 あとは確定申告ですかね。今年は諸事情あって初日の2月16日に提出してしまいました。けっこう並んでいたので、来年からはまた2月下旬にしようかと。

まとめ

 こんなところでしょうか。仕事もそこそこあったせいか、なんとなく過ごしてしまった3か月だったような気もします。反省ですね。新年度からは、もう少し考えながら日々の生活を送りたいところです。花粉の季節もそろそろ終わりそうですし。

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……