メルマガ始めてみました(いまさら)

 社労士登録と同時に始めた事務所通信も、おかげさまで一度も原稿を落とすことなく、第21号まで続いております。
 

事務所通信の発行通知がはらんでいたリスク

 5月までは、毎月1日の公開と同時に、メールの一斉配信によって「発行通知」を送っておりました。継続的な付き合いのあるお客さんが数社、あとは行政書士などの同業者で合計20か所くらいです。
 もちろん、Bcc欄で送っていたわけですが、万が一にもToやCcで送ってしまったらと思うと、心配でなりませんでした。送信した後に「取り消し」を押して確認したことも何度かあります(Gmailの設定で10秒間は取り消せるようにしています)。

 幸いにしてこれまで送信ミスはなかったものの、メールでの配信を続ける限りは、この心配がなくなることはないでしょう。そんなわけで、メルマガで発行通知を行うことにいたしました。

メルマガの利用

 思い立ったのは4月1日のことです。このときも、送信した後で取り消して確認したような気がします。その日のうちに申込をして、審査を経て数日後に登録されました。そんなわけで、5月から本格運用開始です。

 とりあえず、事務所通信の最新号が出たことをお伝えするのが主目的です。せっかくなので、推薦映画に関連する映画の紹介や感想なども書ければと思っているのですが、それを決まりにしてしまうと負担になるので、「気が向いたら」ということで勘弁してください。

メルマガは有効なのか

 しかし、登録するときに知ったのですが、メルマガの宣伝料金て、10万円単位のものも珍しくないのですね。それだけ効果があるということでしょうか。実際に利用している人がいるのかどうかは不明ですが。
 いずれにせよ、かりにメルマガの効果で事務所通信の読者が増えたとしても、そこから仕事につながる可能性はかなり低そうなので、私は広告費などかけずに利用しようと考えております。

 本日(6月9日)時点でメルマガの発行部数は16部です。それに対して、事務所通信最新号のダウンロード数は10(そのうち1回は私が動作確認したもの)でした。
 まあ、そんなものでしょう。私のところに届くメルマガも、半分以上は読まずにゴミ箱ですし、読んだとしても、リンク先までたどることなど滅多にないですからね。

そもそも事務所通信が……

 だいたいからして、「経営に役立つ情報」とうたってはいるものの、だいぶ前から「近況報告と趣味の紹介」みたいな感じになっておりますので、私を知っている人(なおかつ私に好意的な人)でないと読む気が起こらないのではないかと。

 いちおう、推薦図書も推薦映画も、経営と関連付けて紹介文を書いておりますので、タイトルを見て「この作品をどうやって経営に結びつけるの?」と感じられたら、ぜひ読んでみてください。

事務所通信

おわりに

 メルマガは「まぐまぐ!」を利用することにいたしました。ご興味ご関心ございましたら、登録していただけると幸いにございます。

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……