9月に読んだ本の紹介:社労士の実務相談など

 9月に読んだ本の紹介です。
 

行政書士関連

なし

社労士関連

社会保険の実務相談【平成29年度】

 実際に質問されたときなどに調べられるよう、「社会保険」「労働保険」「労働基準法」の3点セットを購入してみたのですが、せっかくなので頭から読んでみることに。
 たまにはこうやって、知識の再確認をしないといけませんね。しかし、年金関係の細かい数字などは、ほとんど覚えていませんでした……。

労働保険の実務相談【平成29年度】

 『社会保険の・・・』に続いて、こちらも一通り読んでみました。労災認定の細かい解説などは流し読みですね。事務所の本棚に置いておいて、相談を受けたときなどに利用していく予定です。

認定支援機関関連

世界で最もイノベーティブな組織の作り方

 診断士試験の対策を意識しつつ、Kindle0円で読んでみました。「作り方」はともかく、組織やリーダーシップについての解説はなかなか参考になりますね。興味深い事例がたくさん載っているのもよかったです。事例が連続して、ちょっとくどいかなと感じる部分もありましたが。
 うちは一人親方ですが、「ヴィジョン」の話などはためになりました。そのうち事務所の「ヴィジョン」を考えてみようと思います。

その他

週刊ダイヤモンド 2017年 9/9 号 [雑誌] (会社の数字がわかる「決算書」100本ノック!)

 近所の銀行でとある手続きをしようとしたところ、確認やらなんやらで1時間ほど待つことになりまして、置いてあった雑誌の特集をほぼ読み終えてしまいました。
 決算書について多少は知識がないと、読むのはけっこう厳しいでしょうね。いうほど反復練習でもないので、タイトルはちょっと大げさかもしれません。まあ、有名な企業の財務体質などが解説されているので、興味がある人にはそれなりに役立つのではないかと。

建設業の未来を支える人づくり: ワールドコーポレーションの建設業派遣No.1戦略

 「建設業」と「人づくり」ということで、行政書士としても社労士としても、読んでおかなければならないかなと思いまして。Kindleの読み放題で見つけられたのが幸運でした。
 建設現場への労働者(職人)派遣は禁止されていますが、施工管理技士などの技術者はこの規制にかかりません。しかし、派遣社員の場合、現場の主任技術者や監理技術者にはなれないはずなのに、それでも施工管理技士などの派遣需要がたくさんあるそうな。
 タイトルにあるとおり、急成長している特定の会社を紹介する本でもあるのですが、建設業界の現状や将来予測なども書かれていて参考になりました。
 社長の経歴が変わっていて、考え方にも共感できる部分があり、なかなか読み応えがありましたね。

製造業の未来をつくるアウトソーシング: 日本のものづくり復活と雇用再生に挑む

 建設業派遣の本がおもしろかったので、同じ著者が書いた製造業関連の本を読んでみました。もちろん、Kindleの読み放題で。
 しかし、建設業に比べるとなじみのない世界だったせいか、あまり響いてきませんでしたね。ただ、こちらも人材の確保が大変な業界のようで、やはり終身雇用が原則の社会は、そろそろ限界なのではないかと思う今日この頃です。

まとめ

 雑誌も含めて6冊でした。電車に乗っている時間はあいかわらず長いのですが、睡眠の比率が高くなっているような気がします……。

ブログから本が生まれました!


「相続を気軽に学べる解説書を」ということで、八王子の行政書士・社労士の井出さん(至誠法務労務サポート代表)と一緒にコツコツと書き溜めたブログが、1冊の本になりました。
 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。口語調の解説文が「わかりやすい!」と評判です。

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……