新年2018/例によってまとまりのない挨拶を

 あけましておめでとうございます。
 

 今年も営業開始日に投稿です。といっても、書いたのは前日ですが。

新年の挨拶など

 事務所通信を12月31日の夕方に公開しておいて、1月1日の朝にSNSで通知してみました。一応、それが新年の挨拶ということにしておきます。一方で、メルマガでの通知は1月4日まで待ちました。昨年も書きましたが、私は正月から仕事のメールをもらいたくないので。でも、年賀状はむしろ1日にもらいたいです。

 ちなみに私は、年賀状を12月26日の夕方に出しました。1日に届いていることを祈ります。

 そんなことを考えながら、1日の昼ごろ事務所に行って郵便受けを確認したところ、こちらから出していない人がちらほらと。一部はその日の夕方に返信したものの、「お互い様子見」みたいな感じで一年置きにどちらかが遅れて返信するような人には、もう返さないことにしました。

年末年始の報告

 12月は29日(読書感想)、30日(四半期報告)、31日(年間報告)と続けてブログを投稿したうえで、さらに事務所通信の1月1日号まで仕上げなければならないので、完全休みにはなかなか入れませんでした。事務所通信を書き上げたのは31日の夕方だった気がします。
 お正月は家でのんびりと。Googleアナリティクスの本を読んで勉強してみたところ、分析結果を活用するのがまた大変なことに気づいて無力感を味わうなど。

 事務所の前には「4日まで休業」と書いておきながら、4日からシャッターを開けてしまいました。いろいろ準備しないと間に合わなそうだったもので。90分ほどかけて中掃除も。これくらいのことはたまにやるので、年末に大掃除はしませんでした。

今年の目標

売上など

 請求が来ないもの(タイ○ズ・カーシェアとか)もあるので、昨年の帳簿はまだ締めていません。ですが、売上はもう確定していますので、それを基に今年の売上計画を立ててみました。

 前期は目標が低すぎたこともあって、10月の途中で達成してしまい、慌てて上方修正したものです。しかし、その結果、一年を終えた時点で達成率が100.11%という、いかにも怪しい数字になってしまいました。
 ただし、ボーナス的な仕事もあったので、今年はそれを除外して厳しめに設定することに。すると、結局は去年(修正後)とほぼ同じ数字に落ち着きました。このあたりが壁なのかもしれません。
 壁を越えられるかどうかは、社労士の顧問契約にかかっているのではないでしょうか。

法人化

 事務所通信にも書いたのですが、診断士の登録に合わせて合同会社の設立を考えております。税務面ではとくにメリットがなく、社会保険の加入も負担が大きいのですが、会社にしておけば、少しは信頼してもらえるかなと考えまして。これからは「経営コンサルタント」という怪しげな肩書きが付いてくるのですから。

事務所通信


たまには読んでみてください。

 そんなわけで、売上も経費も個人と会社で分かれてしまうのですが、どのへんで切り分けるかまだ決めかねている部分もあるので、とりあえず合計で計画を立てています。

まとめ

 こんな感じで、またしてもまとまりのない挨拶になってしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします。

遺言・相続を「ざっくり」学びたい方へ


 100の題材を「相続」「遺言」「成年後見」「終活」の4章に分け、各タイトルは五七五の川柳形式にしてあります。

 語り口調の解説が、一般の方だけでなく、実務経験の少ない行政書士や、相続を業務としては扱わない社労士などからも好評です。  

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……