1月に読んだ本の紹介:社労士重め

 1月に読んだ本の紹介です。お正月休みに、建設現場が解説されている本を半ば趣味で読んでみました。また、いつか勉強してみようと思っていたGoogleアナリティクスの本にも、ようやく手を出してはみたのですが……。
 


行政書士関連

施工がわかるイラスト建築生産入門

 これは半分、趣味の世界でしょうか。地下2階、地上18階建てで、下から鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリート、鉄骨造となっているビルを題材に、実際に建築物が作られていく過程に沿って解説が進んでいきます。竣工までの各工程はもちろん、完成後の維持・管理や解体に関する解説まで付いていました。
 建築一式工事業(ゼネコン)の役割と、専門工事の概要を学ぶことができますので、建設業の許可業種(建築・設備系)をイメージしやすくなるかもしれません。

社労士関連

労働基準法の実務相談【平成29年度】

 ようやく読み終わりました。まだまだ知識不足ですね。「社会保険」「労働保険」と共に毎年7月ごろ更新されるようなので、今年からは夏の課題図書にしていこうかなと。ただ、次回からは、最初から最後まで通して読むのでなく、気になった部分をつまんでいくのでもよいかなと考えております。
 しかし、500ページ近くあると電車で読むのがつらいので、300ページ弱の労働基準法だけで1冊にして、残りの安全衛生法や育児・介護休業法などは別の本にしてもらいたいところです。まあ、何年も前からこの形式みたいなので、難しいのでしょうが。

ひよっこ社労士のヒナコ

 Amazonで見かけ、題名に釣られて買ってしまいました……。これまでも何冊か紹介している、専門知識を小説仕立てで解説する本の一種かと。たしか、社労士バージョンは初めてだったはずです。
 この手の本は「解説ありき」なので、話の流れや会話が不自然になりがちなのは、仕方のないことなのでしょう。この本もそういった部分が気にならないでもないのですが、文章自体はけっこう読みやすかったように感じました。
 ただ、ちょっと無駄にミステリーっぽいな……と思っていたら、推理小説とかが得意な作者だったようです。そのせいですかね、わりと後味の悪い話も多かったです。最後はさわやかでしたけれど。
 あと、社労士的には、あそこが気になりましたね、「この事務所、電子申請していないのかな」と。

認定支援機関関連

なし

その他

「やりたいこと」からパッと引ける Google アナリティクス 分析・改善のすべてがわかる本

 導入自体はけっこう前にしたはずですが、これまでまともに使っていませんでした。「そのうち」勉強しないと……と思っていたので、この正月休みに本を一冊読んでみることに。
 理解できない部分も多かったものの、一冊を通して読んでみて、なんとなく「Googleアナリティクスでできること」はわかりました。しかし、言われてみると当たり前なのですが、「分析」の目的はその結果の「活用(サイトの改善)」なので、本をいくら読んだとしても、実際に動かなかったら意味がないわけです。
 まあ、「こんな本も読んでいます」というだけで、そこそこのハッタリにはなるかな……と。

まとめ

 全部で4冊でした。労基法の本が重かったですね。3月11日に知的財産管理技能士の試験を受ける予定ですので、来月は読書量が減るのではないかと予想しております。

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……