開業から7年が経ちました

 おかげさまで、開業7年目もなんとか乗り切ることができました。
 

 本日からめでたく8年目に突入です。いつものように学校にたとえると、中学2年生になるのでしょうか。「中二病」という言葉があるように、背伸びをした振る舞いが周りの人たちの不興を買いやすい年頃ですので、私も気をつけたいところです。毎度よくわかりませんが。

この1年

 1年前と比べて自分がどれくらい成長したのか、正直いってあまり実感がありません。一応、1級の建設業経理士と中小企業診断士の合格がありましたが、中小企業の支援者としてどれほど実力が上がっているのか……。
 まあ、少し時間が経ってから、「あのころの経験が今に生きているな」と思えることも多々ありますので、まじめにこつこつ経験を積み重ねていくのがよいのかと。

専門分野

 行政書士としては、建設業関連であれば、それなりに対応できるようになってきた気がします。もちろん、まだまだ知らないことばかりなのですが、基本的な知識はだいぶ定着してきたので、臆せずに「そこは調べておきますね」と回答できるようになりました。

 それに対して、社労士はまだまだ経験不足ですね。業務用ソフトの扱いにも手間取ることが多く、効率がなかなか上がりません。年度更新も3度目ですが、数が少ないのであまり経験を蓄積できていないのが実情です。

 中小企業診断士の登録は4月からですが、その前に認定支援機関として4年間の経験がありますので、社労士よりは落ち着いて構えていられる気がします。ただ、こちらも経験が物を言う世界ですので、今後も積極的に動いていきたいところです。

 そんなわけで、4月から行政書士・社労士・中小企業診断士の「一人トロイカ体制」がスタートしました。全国的に見てもかなり希少でしょうから、差別化要因にはなるのかなと。その反面、成功事例も聞いたことがないので、不安があるのも事実です。どうなることやら。

会社設立

 中小企業診断士の登録をきっかけに、経営コンサルティング部門は合同会社で行うことにしました。個人事業主としては、行政書士と社労士の独占業務を扱っていく予定です。まあ、どちらかというと、「独占業務は個人の資格でやって、それ以外(資格に関係ない業務)は会社で」という感じなのですが。ちなみに、会社としても経営革新等支援機関の認定を受ける予定です。

 しかし、そうなってくると、先ほどの「一人トロイカ体制」はどこにいってしまうのか、という疑問が湧いてきますが、まあ、どちらの代表も私ですので。というより、両方を合わせても私一人しかおりませんので……。

 それにしても、一人会社とはいえ、一から作って動き出せるようになるまで持っていくのは、やはり大変なことですね。定款作成はともかく、銀行口座やらwebサイトやら、そういうのを新設するのにけっこう手間がかかりました。あと、クレジットカードを手に入れるのも。

経営理念

 会社設立をきっかけに、行政書士と社労士の事務所名を変更いたしました。合同会社ハッソウ・行政書士ハッソウ・人事労務ハッソウということで、「ハッソウグループ」みたいなイメージです(くり返しますが実態は私一人です)。

 せっかくなので、グループ全体の経営理念などを作ってみました。

経営理念

 ちょっと気取りすぎた感じがしないでもありませんが、私が思っていることを大げさに言うのならば、きっとそういうことなのだろうと。
 
名刺にも入れてみました

これから

 あと3年で開業から10年です。東日本大震災と原発事故からも10年になるわけで、そのころには福島の復興にも一段落つき、官民合同チームの復興コンサルタントとしての役割も終わっているでしょう。

 復興コンサルタントの仕事がなくなった後も安定して事業を続けていけるように、この3年で体制を作っておくのが課題ですね。もちろん、早めに終了する可能性もありますので、次の1年も勝負の年となりそうです。

 そういえば、2月に「求人は募集していないのですか」というお問い合わせがありまして、そこであらためて自分の事務所について考えてみたところ、従業員を受け入れる体制がぜんぜんできていないことに気づきました。
 このへんも計画的に進めていかないといけないなと思いつつ、最初の従業員雇用はおそらく「成り行き」で実現するのではないかと予想している今日この頃です。

 そんなわけで、8年目もがんばります。

行政書士登録から6年が経ちました

2017.04.15

行政書士登録から5年が経過していろいろと反省する

2016.04.15

行政書士登録して4年間が経過したがいまだ安定せず

2015.04.15

開業3周年

2014.04.15

開業2周年

2013.04.15

開業一周年

2012.04.15

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……