5月に読んだ本の紹介:ロジカルシンキングなど

 5月に読んだ本の紹介です。今月からインターネットの通信講座を活用し始めまして、ロジカルシンキングなどを学んでおります。その流れで、関連する本を読んでみました。いろいろ活用できそうなので、今後も研究を続けようかと。
 
連休明けのルミネ10%offを待ってメガネを新しくしました(11年ぶり)。

行政書士関連

なし

社労士関連

今日からはじめる無期転換ルールの実務対応

 「同一労働同一賃金」に関する実務的な本を探しているうちに、いつの間にか対象がずれてしまったようです。まあ、こちらもかなり重要な話題ではありますが。そして、もっと早く勉強しておかなければならない分野だったのですが……。
 モデル就業規則を基にしつつ、問題点を修正したものを用いた解説が参考になりましたね。社労士会の倫理研修で「『モデル就業規則は危険』みたいな宣伝はダメ」と言われましたが、こちらは弁護士さんが書いた本なので問題ないかなと……。

中小企業診断士関連

MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣

 通信・IT系の大企業を題材に、売上や収益の構造分析などが紹介されています。公表されていないデータについては推測で話が進んでいくのですが、けっこうなブレがありそうなので、そのへんはあくまでも参考程度でしょうね。
 決算書の話があまり出てこないなと思っていたら、タイトルは「決算書を」ではなく「決算を」でした。Amazonのレビューでも勘違いして怒っている人が多いみたいです……。

入門 考える技術・書く技術

 ロジカルシンキングの入門書を読んでみることにしました。じつをいうと、前にこれの「スライド編」というのを読んだときから気になっていたんですよね、実際に読むまでには1年半ほどかかりましたが。
 結論から言うと(2段落目ですが)、もっと早く読んでおけばよかったです。診断士試験のときなんかにも役立ったのではないでしょうか。
 後半に「ピラミッド構造を身につける練習法」みたいなのが紹介されていたので、ちょっと練習してみようと思っております。

入門 考える技術・書く技術【スライド編】

 ピラミッド構造に関する知識が少しついたところで、1年半ぶりに「スライド編」を読み直してみました。前に読んだときには意味がよくわからなかった部分についても、それなりに理解できたような気がします。やはりシリーズ物は読む順番が大切ですね。
 ただ、あくまでもビジネス・スライド(提案資料)を題材としているため、セミナーなどで使うプレゼン資料にはそぐわないのではないかと感じる部分もありました。そのへんは応用でしょうか。

その他

カッコ悪く起業した人が成功する

 Kindleの読み放題で。ところどころ参考になる部分はありましたが、なんとなく「自分とは感覚が合わないな」と感じてしまいました。
 「社長でも受付でも電話を受けたときは営業のように接すべき」みたいな話は覚えておこうかと。自分の電話応対が危なっかしいもので……。

まとめ

 再読も含めて5冊でした。行政書士分野は0冊が続いていますが、会社のサイトで建設業関連の解説を連載してみようと思って、ガイドラインなどを読み直しています。あと、建設業法の逐条解説も読み始めたのですが、まだまだ先は長いですね。

父親に「遺言書いて」と言えない方に……


『相続川柳』を読むとなぜ遺言を書いてみる気になるのか、解説動画をYouTubeに投稿してみました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はちおうじ総務相談所の長岡です。

GONZOを名乗りながらも、当たり障りのない記事を書いています。
中小企業の経営に役立つ情報を発信していきたいと思っているのですが……