2017年振り返り:なんとか食えるレベルに

行政書士ハッソウ・人事労務ハッソウ

042-636-4000

〒192-0911 東京都八王子市打越町1183-7 ブルーパールマンション101

営業時間/9:00~12:00/14:00~17:00 定休日/土日祝日

2017年振り返り:なんとか食えるレベルに

事業報告

2017/12/31 2017年振り返り:なんとか食えるレベルに

 今年も1年を振り返ってみます。
 

福島へはよく行きましたが、八王子経由はかなり珍しいです(京王線利用者なので)。

 

1.業務

行政書士

 この2年ほどは営業をしていないはずですが、今年も遺言・相続を何件かお手伝いさせていただくことになりました。年越しの案件もありますので、来年も実績が出そうです。ちなみに、「『相続川柳』を読んだんですけど……」というお客様は、いまだ一人も現れません。
 建設業関連は、少しずつ経験を積み重ねている感じでしょうか。詳しい人たちと話していると「まだまだだな」と感じることも多いのですが、お客様からの相談などには、だいぶ自信を持って対応できるようになってきたような気がします。
 他には、お客様から紹介していただいた風営の新規が1件。ひさびさだったこともあって手間取ったものの、なんとか開店までお手伝いすることができました。秋から始まった外国人関連のお仕事はもう少しかかりそうです。
 原子力損害賠償の相談業務も引き続き担当しています。昨年と同様、こちらの報酬も行政書士の売上高に含めたところ、全体の3割強になりました。

社労士

 顧問契約第1号のお客様が誕生しました。単発での対応などもあり、売上は昨年に比べればだいぶ伸びましたが、それでも全体の5%程度です。来年こそ力を入れて営業しないと。

認定支援機関

 序盤にものづくり補助金と小規模事業者持続化補助金の申請支援が1件ずつ。同じ時期にどちらも採択され、ひじょうに安心したものです。ただし、次の公募で自分の計画を出したら見事に不採択となり、持続化補助金への苦手意識は払拭されないまま今に至ります。
 福島関連の補助金申請についても、認定支援機関として何件か関わらせていただきました。また、もの補助をきっかけに継続的なお付き合いをさせていただいているお客様もいらっしゃいまして、売上の4分の1を占めるまでになっています。

復興コンサルタント

 昨年は4月からの9か月間だったのに対して、今年は12か月間フルですから、自然と実績は伸びています。ただし、全体の売上が1.5倍くらいになりましたので、売上高構成比は昨年より少し下がって36%となりました。
 仕事の内容としては、認定支援機関として動いていることが多いです。

その他

 生命保険の募集人については、登録を抹消しました。それに伴って自分の生命保険もお付き合いのある業者さんに乗り換えです。他には、行政書士試験の監督報酬も「その他報酬」に入れましたが、ほとんど無視してよいレベルかと。
 「雑収入」は支部の日当交通費がメインでしょうか。現金でもらうたびに入金伝票を作るのが面倒なので、来年はエクセルで管理しようかと。そもそも、「雑所得」に計上しても許されるような気がしますが……。
 

 

作業時間

 今年も一応、集計してみました。全体で3,000時間ちょっとですが、あくまでも目安でしかありません。しかし、こうして見ると認定支援機関の時間単価が異様に高くなりますね*。反対に行政書士だけは「売上高比率<作業時間比率」となっていました。作業効率を上げないと。
 集計方法は来年も少し変えてみようと考えております(複数年比較できず)。

*よく考えたら、もの補助支援などは昨年からの継続案件なので、この売上に対する作業時間はもう少し多いです。

2.営業・広告

 ブログの投稿数は、これを入れても28本にとどまりました。固定ページの編集なども合わせたweb関連の作業時間は年間で60時間台でしたので、月に5、6時間といったところです。そう考えると、もう少し手間をかけてもよい気がします。
 事務所通信は月に1本で着々と。6月からメルマガでの通知を始め、10月からは同業者向けに路線変更をしました。古いもののダウンロード数が少しずつ増えているのは、「クローラ」と呼ばれるやつらの仕業ではないかと途中で気づいたのですが、とりあえずまだ続けております。作業時間は60時間弱でした。webと合わせると月に10時間くらいですので、やはりこのへんにしておこうかと。

 昨年の年間報告で「検討しています」と言っていた看板については、11月15日に設置が実現しました。私は、やるときは(たまに)やる男です。
 知り合いから「看板見たよ」と声をかけてもらうことを期待して、報告はツイッターだけにしておきました。今のところ、気づいたのは実家の両親だけかもしれません。もちろん、ツイッターは見ていないと思いますが。
 まあ、「いつの間にこんな看板できてたの?」みたいな経験はよくありますので、気長に待ってみようかと。

3.業務研究/資格試験

 読んだ本は約80冊でした。昨年とほぼ同じですね。研修は10本弱でしょうか。いずれも社労士系が少ないので、来年は力を入れたいところです。

 中小企業診断士試験は、ようやく2次試験にも合格することができました。もうあの試験を受けなくてよいと思うと、かなり嬉しいです。1次試験も合わせて、今年の勉強時間(受験時間を含む)は240時間弱でした。去年の倍ですね。
 建設業経理士は1級の財務諸表にも合格して、無事に登録することができました。ただし、実務経験はないため、細かい仕訳などは正直よくわかりません。でも、次の名刺には記載しようかと。

まとめ

 上にも書きましたが、昨年と比べて売上が1.5倍くらいになりました。これでやっと事業税を納めることができそうです。月商で100万円を超える月も、7年目にして初めて出ました。とはいえ、安定的にそこまで行くわけではないので、消費税の心配もまだまだ先の話になりそうです。
 そんな感じで調子に波はあったものの、資金繰りにはだいぶ余裕ができ、事業用の口座から毎月決まった額を生活費として引き出すことができました。5月の投稿に書いたとおり、家を買うことになりましたので、12月には「冬季賞与」としてまとまった金額も引き出しています。

 最後はお金の話ばかりになってしまいましたが、こうしてなんとか生活できるレベルまで稼げるようになったのも、支えてくれた方々のおかげだと強く感じております。お客様はもちろん、情報交換できる同業者にも感謝ですね。もちろん、家族にも。
 ……と、とってつけたような謝辞をもちまして、今年の報告とさせていただきます。

 みなさま、よいお年をお迎えください。

TOP